CAMEL FARM WINERY

キャメルファーム ワイナリー

国・地域:日本 , 北海道

「地球にいいことしてる?」

食に携わる企業として、地球の一住人としての問いかけでもあります。
今、日本の農業は様々な問題を抱えています。私たちは食に携わる企業として、何かできることはないか考えて来ました。そんな中、様々な出会い、ご縁があり、2014年 『日本の農山漁村にある豊かな自然や、あふれる資源を貴重な財産として守り、美味しくて安心安全なものを自分たちの手で一から造り届け、農家の方々が長い歴史のなかで守り育ててきた知恵と技術を引き継ぎ、新たな担い手の育成や地域の活性化に一緒に取り組んでいく』 という理念のもと、キャメルファーム ワイナリーは設立されました。

北緯43度、眼下に日本海を望み、三方を山に囲まれた北海道余市町登地区。
ワイン用ブドウ栽培の適地として注目されている、南北にまっすぐ貫く登川が開いた谷状の地形の土地で30年以上に渡りワイン用ブドウの栽培を行い、品質の良さで高い評価を受け続けてきた藤本農園よりその技術と知恵を受け継ぎ2014年栽培をスタート。16haの畑にケルナー、バッカス、ブラウフレンキッシュ(レンベルガー)、ピノ・ノワール、レジェント、ツヴァイゲルト、アコロンを栽培。この栽培から醸造に至るまで、世界的醸造家であるリカルド・コタレッラ氏が深く携わっています。

コタレッラ氏との出会いは、タイのドイトンプロジェクトで生産されたコーヒーを私たちが取り扱っていたことから始まります。ドイトンプロジェクトとは、タイの麻薬生産地帯となっていた地域の人々の生活環境改善を図ることを目指し、メイ・ファー・ルアン財団(タイ王室の財団)が行う、ケシからコーヒーやナッツなどの代替え作物の栽培を推進させるプロジェクトで、最高執行役補佐を務めるデューク氏より、ワイナリーでありイタリア全土から元薬物中毒の若者たちが集まり「尊厳」と「希望」を取り戻すための更生施設であるサン・パトリニャーノの紹介を受け、コタレッラ氏がこのワイナリーの醸造に携わっていること知りました。サン・パトリニャーノのワインを取り扱う中、当時サン・パトリニャーノの責任者を務めていた、アンドレア・ムッチョリーニ氏や出資者であるジャン・マルコ モラッティ氏のご好意により、2013年同氏と私たちが食事を共にするなかでの、何気ない会話がきっかけとなりました。

日本産ワインの話、農業が衰退しつつある日本の現状、私たちが抱く未来への展望…私たちが発する言葉に耳を傾けていたコタレッラ氏が口を開きました。「年齢を考えても私に残された時間は少ない。私は心を衝き動かされた。日本でのワインの醸造を手伝わせてくれないか。世界に誇れるワインをきっと造ってみせる」。私たちの想いに共感した氏のこの力強い言葉により、キャメルファーム ワイナリー設立の一歩が始まりました。

余市での醸造に先立ち、コタレッラ氏が選んだブドウは日本固有の品種「甲州」。日本の気候や土壌、様々な条件や食材との相性を踏まえたうえで、このブドウに秘められた大きな可能性を直感的に見いだしたのです。コタレッラ氏の愛弟子であるニコラ・タンティーニ氏も醸造に加わり、日本とイタリアの醸造方法論の違いに戸惑いながらも、イタリア人の情熱と日本人の探究心によって、新しいタイプの甲州ワインKOSHU “First Bottle”が2014年リリースされ、この記念すべき1本目のボトルは、私たちとサン・パトリニャーノ、コタレッラ氏との出会い、そのきっかけとなった、タイ王室へと届けられました。
タイ(ドイトン)からイタリア(サン・パトリニャーノ)、山梨、そして北海道余市(キャメルファーム ワイナリー)へ。縁は円となって繋がります。

2017年には畑へ隣接するワイナリーが新設され、山梨やイタリアのワイナリーで研鑽を積んだスタッフの手により醸造が始まりました。コタレッラ氏がイタリアで進めるプロジェクト※WRT(Wine Research Team)の一員にも名を連ね、最新の技術と情熱を駆使し、目指すのは余市のテロワールを最大限に活かした世界に誇れるワイン造り。そして2018年秋、世界的にも類をみない、ブドウの木が雪の下で冬を越すこの冷涼な土地から、丁寧に土から造るワインを届けます。

誕生間もない造り手でありながら、ベルリン・インターナショナル・ワイン・コンペティション2019にて「Japan Winery of The Year」を受賞するなど既に世界から熱い眼差しが向けられている。

※WRT(Wine Research Team)
科学的なリサーチから、次世代へ続く健康的で高品質なワインを造ることを目的としたプロジェクト。

http://camelfarm.co.jp/

CAMEL FARM WINERYのワイン一覧

レジェント2016
日本 北海道 750 3,000円
ケルナー&ピノ・ノワール スパークリング
日本 北海道 750 3,000円
ブラウフレンキッシュ スパークリング
日本 北海道 750 3,000円